緊急でお金が必要な時

急にお金が必要になったときは、キャッシングの申込をすると、その日にお金が借りられる即日融資でお金を借りることができますし、個人事業をおこなっているかたも即日融資が可能です。
消費者金融のキャッシングは総量規制で、年収の3分の1以内という融資制限がありますが、総量規制には「例外貸付」があります。
「例外貸付」とは年収の3分の1をこえる貸付でも、そのこえた部分について審査で返済ができると判断できれば融資をしてもよい、という貸付けのことをいいます。
「例外貸付」にあたるものとして、一方的有利となる借換えや緊急の医療費の貸付、個人事業主に対する貸付などがあります。
個人事業主がお金を借りたいときはこの「例外貸付」になるので、年収の3分の1をこえても審査で返済が可能と判断されれば融資を受けることができます。
三井住友銀行グループの「プロミス」も個人事業者への融資を積極的におこなっており、「自営者カードローン」は金利4,5%〜17,8%、融資限度額は最高で500万円の融資が受けられます。
またすぐにお金が借りたいときは、申込み時間によっては即日融資も可能で、利用目的は事業用にかぎらず個人で使ってもよく、一度利用限度額が決まればその範囲内で何度でも借りられるといった利便性に優れた商品です。
「自営者カードローン」の申込方法はインターネットからの申込はできませんので自動契約機や店頭窓口、電話などからの申込になりますが、いざという時のために早めに申し込んでみてはいかがでしょうか。
即日融資を受けるには?

関連記事

Read More

家族に秘密でお金を借りる

お金を借りる 在籍確認
キャッシングの利用者人口は近年増加傾向にあり、今ではキャッシングの利用者は約1,200万人とも言われています。
長い間不況が続きましたが、アベノミクス効果で徐々に経済はデフレ脱却が徐々に進み、物価の上昇だけが先行し、個人の所得が追い付かない状況なので、今後もキャッシングの利用者は増える傾向にあります。
キャッシングを始めたいけれど、家族や会社の同僚に秘密で借りたいという多くのかたもおられます。
キャッシングはそんなかたでも安心してお金を借りることができます。
たとえば「プロミス」の場合、勤務先へ在籍確認の電話がかかってきますが、担当者の個人名で電話を掛けてきますので会社にばれるということはまずありません。
次に気になるのが、「プロミス」からの郵送物ですが、会員登録をすれば利用状況や利用明細はすべてインターネット上で確認できるので書類が届くことはありません。
郵送物を止めるには会員サービスにログインし、「明細を電子交付サービスに変更する」 という項目を選ぶだけで郵送物が送られてきません。
また契約が終わればカードや契約書類が送られてきますが、カードの受け取り方法を自動契約機にすれば、カードが自宅に送られて来ることもありません。
ただし、返済が滞ったり遅れたりしたときは連絡がありますが、電話に出なかったりすると自宅に郵送物が届きますので、そういった場合は先にこちらから連絡を入れることが重要になります。
また、提携コンビニATMを利用した場合、書類が送られて来る場合もあります。

関連記事

Read More

消費者金融と銀行カードローンの違い

キャッシングを利用するには消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンで融資を受ける方法がありますが、どちらを利用するかは目的によって変わってきます。

消費者金融系と銀行系の一番の違いは、総量規制の対象になるのか対象外なのかというところで大きく違います。

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となります。

そのため貸金業法の総量規制の対象になるので、消費者金融での融資限度額は年収の3分の1以内という制限をうけることや、さらに収入のない人は申込ができません。

銀行カードローンは銀行法での適用用を受けて事業をおこなっているため、総量規制の対象にならず、消費者金融のように融資限度額に年収の影響を受けず、銀行の審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いは、銀行カードローンは銀行独自の審査があり貸し倒れされないために審査がきびしくなり、高額融資を受けるときの審査は特に時間がかかります。

消費者金融のキャッシングは利用者をできるだけ増やしたいことから銀行に比べて審査が緩くしてスピード融資をおこなっていますが、貸し倒れがあったときを想定して被害をできるだけ少なくするために金利を高めに設定しています。

キャッシングを申込むとき、審査が通りやすく、すぐにお金が必要になったときは消費者金融を利用することになりますが、少しでも金利をおさえてキャッシングをしたいときや無収入の専業主婦が利用したいときは、銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

関連記事

Read More